15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

手元供養のメリットやデメリットとは?やり方や手続きなど

手元供養

遺骨を自宅に安置する手元供養とすると、お墓を持つ必要がなくなります。

維持する手間や跡取りがいなくなる心配が不要になり、費用も低く抑えることができます。

そのまま安置するほか、オブジェやアクセサリーに加工して装飾品として利用しながら供養する方法もあります。

わざわざ出かけなくても手を合わせることができる。身近に感じることができ、寂しくない!

手を合わせる

手元供養は故人の遺骨、あるいは遺灰を自分の近くに置いておくという供養方法です。

一般的には火葬したあとの遺骨はお墓や納骨堂などに納骨しますが、この納骨を行わなかったり、全部を納骨せずにとっておいたりすることによって手元供養とすることができます。

手元供養とすると故人を身近に感じることができる、いつでも手を合わせることができる、といったメリットがあります。

またすべての遺骨を手元供養とする場合はお墓が不要となり、跡取りや維持していくために必要な手間や、跡取りの心配も不要になります。

またお墓を建立するのに必要となるような高額な費用もかかりません。

しかし手元供養をするために遺骨をオブジェやアクセサリーといった手元供養品に加工してしまうと、二度と元の遺骨に戻すことはできないというデメリットもあります。

またお墓などを持たないことに対して抵抗を感じる人もおり、親戚などから反対されることも考えられます。

特別な手続きなしで行えるのも手元供養のメリットのひとつ!

手続きなし

遺骨を手元供養とするのに必要な手続きはありません

「墓地、埋葬等に関する法律」では遺骨をお墓など以外の場所に納骨することを禁じていますが、手元供養で自宅に安置することはこれにあたらないとされています。

オブジェやアクセサリーといった手元供養品に加工して手元に置いておくことも、同じように問題ありません。

手元供養のやり方はオブジェやアクセサリーに加工する方法も○!遺骨や遺灰をそのまま安置する以外の方法でも可能

遺骨をアクセサリーに

手元供養のやり方には遺骨をそのまま自宅に置いておく方法オブジェに加工して装飾品とする方法アクセサリーとして身に付ける方法があります。

アクセサリーとする場合にも遺骨や遺灰を内部に納めるタイプのものと、遺骨や遺灰を加工して利用するタイプのものの2種類があります。

遺骨や遺灰を内部に納めるタイプのアクセサリーとしてはペンダントが一般的ですが、加工して利用するアクセサリーにはペンダントをはじめとして指輪、ブレスレットなど、さまざまなものがあります。

仏壇がなくても手元供養は可能!手元供養用の骨壺やミニ骨壺、ミニ仏壇などを上手に利用して○

ミニ骨壷

遺骨をそのまま自宅にて手元供養するさいは仏壇に安置するのが一般的ですが、必ずしもそうしなければならないというものでもありません。

仏壇がない場合でも遺骨を自宅で手元供養とすることは可能で、そのための商品もさまざまなものが市販されています。

手元供養用の骨壺を利用すると、生活を営む場所である自宅に遺骨があるという違和感を与えることなく供養することができます。

骨壺は白色無地の磁器製のものが一般的ですが、これは納骨するためのものとなっており、家に置くにはあまり合いません。

このため手元供養用の骨壺としてカラフルなものや絵柄入りのもの、陶器製のものなどが市販されています

遺骨を安置する場所にあった手元供養用の骨壺を選ぶことによって、遺骨があるということを感じさせることなく、故人を偲ぶことができます

また遺骨の一部の手元供養とする人が多いため一般的な骨壺では大きすぎることから、ミニ骨壺を用いる人も多くなっています。

このようなミニ骨壺に合わせたミニ仏壇も市販されており、手元供養用として揃えて利用される場合もあります

15168444840EC1gEuOkk0dZGB1516844461

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントを残す